loader-logo

Discover Kimiko Imai

日本の一部上場企業に相当するフランスCAC40企業であるダッソーシステムズでの副社長の仕事を辞め、四十歳を過ぎた私が独立し、スタートアップの世界に身を投げ出しました。周りの人からは、よく「何で?」と聞かれました。
理由は簡単です。人の役に立ちたい。今までそこそこ成功したビジネスをさらにスケールアップを図りたい人たちや、うまく行っていない会社を立て直そうとしている人たちの役に立ちたいと思ったのです。
この18年間、私は大企業にいながら、間接販売チャネルのワールドワイドのトップ、クラウドの普及による新規事業の立ち上げなど、中小企業やスタートアップの会社と密接な関係を築きながら一緒に仕事をしてきました。その中で、私の経歴を知った方々から、「アジア進出、あるいは日本企業のヨーロッパ進出の仕方」や、「会社のステージが変わって、チャレンジ目標も変わったことに伴い、管理の仕方やプロセス、更に人材などの変革をどうすればいいか」などについて頻繁にアドバイスを求められました。
このような経験を通して、私のこれまでのキャリアを生かしてこれらマーケットのニーズに応えるところに私が起業する意味があると確信したのです。
ダッソーシステムズでは私の今回の起業に直接繋がる大変貴重な経験をしました。ダッソーシステムズは40年近く前に10人の社員からスタートし、あっという間にPLM(プロダクト・ライフサイクル・マネジメント)業界のトップに駆け上がり、現在ソフトウェア企業としては、SAPに次ぐヨーロッパ第二位の国
際企業にまで成長した企業です。この企業の成長フェーズでいかに会社を変革し続けて行くかをトップリーダーの間近で一緒にビジネスに携わってきた経験は、スタートアップのリーダーたちにもインスピレーションを与えることができると信じています。
一方ダッソーシステムズの前に勤めていたノキアでは、iPhoneの発売で世界シェア30%から一気に転落し、2年も経たないうち会社ごと売り出した時期を経験しました。どんなに巨大企業でも変革すべき時を見逃すと、一瞬のうち舞台から消える恐れや、当時中間管理職だった自分のレベルでは会社の方針を変えられないことを痛感し、それが今の私にとっては貴重な体験となっています。
日本一だから世界に勝てるとは限りません。今は勝っているからこれからも勝ち続けるとは限りません。
最初から世界で勝てる会社を目指し、どんな状況でも差別化ポイントや強みを作り続け、柔軟に変革し続ける仕組みを持つ組織づくりを構築するノウハウを提供する。。。それがこれからの私のテーマです。
5年先、10年先のあなたの理想とする会社を描いて、私と一緒に実現していきませんか?

-1 Points

Next Article


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です